非公開の介護施設オープニングスタッフ求人

  • 人気のオープニングスタッフ求人だから非公開!

    高齢化が進み介護施設の新設が増えて来ています。
    しかし、大手の介護施設の多くはキャリアコンサルタントが在籍する人材紹介会社を利用するケースが殆どです。
    なぜ、人材紹介会社を利用するかと言うとオープニングの準備も忙しい事や複数人の良い人材を集めるのに自社で面接をして判断するのは大変な作業になるからです。
    人材紹介会社が責任を持って紹介する人材を活用した方がメリットが多いということです。
    しかも、求職者にもメリットが多くあります。
    ・あなたには一切費用が掛かりません。無料です。
    ・気に入った介護施設が見つかるまでサポートしてくれます。
    ・今、お仕事されてても大丈夫!あなたに合わせて連絡をくれます。
    ・今、お勤めの会社にバレないように細心の注意でサポートしてくれます。
    ・あなたの希望条件を募集先の介護施設に全て話を通してから就職になります。
    ・就職後もトラブルが無いようアシストしてくれます。
    他にもメリットが沢山あります!

    カイゴジョブ申込み

介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

計画作成担当者の仕事内容

計画作成担当者 とは

【仕事の内容】
施設サービスの中で、本人の希望を交えて、サービスを組み立て、現場業務を通じてモニタリングをするお仕事

①施設サービスの計画をたてる(自施設利用者の介護計画を作る)
②利用者・家族⇔施設スタッフの調整を行う
③提供するサービスの観察、調整を行う
④家族・かかりつけ医と連携を取り、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
有料老人ホーム・グループホーム(GH)

【必要な資格】
介護支援専門員
※GHの場合は「認知症介護実践者研修」終了者であることが必須です。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

未経験でもハードルが低い職場は?

未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

福祉施設オープニングスタッフ求人地域検索

このページの先頭へ