富山県訪問介護 福祉施設オープニングスタッフ求人

  • 人気のオープニングスタッフ募集だから非公開!

    高齢化が進み介護施設の新設が増えて来ています。
    しかし、大手の介護施設の多くはキャリアコンサルタントが在籍する人材紹介会社を利用するケースが殆どです。
    なぜ、人材紹介会社を利用するかと言うとオープニングの準備も忙しい事や複数人の良い人材を集めるのに自社で面接をして判断するのは大変な作業になるからです。
    人材紹介会社が責任を持って紹介する人材を活用した方がメリットが多いということです。
    しかも、求職者にもメリットが多くあります。
    ・あなたには一切費用が掛かりません。無料です。
    ・気に入った介護施設が見つかるまでサポートしてくれます。
    ・今、お仕事されてても大丈夫!あなたに合わせて連絡をくれます。
    ・今、お勤めの会社にバレないように細心の注意でサポートしてくれます。
    ・あなたの希望条件を募集先の介護施設に全て話を通してから就職になります。
    ・就職後もトラブルが無いようアシストしてくれます。
    他にもメリットが沢山あります!

  • 富山県の具体的な介護取組内容(参入促進 )

    すそ野を拡げる~多様な人材の参入促進を図る~

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ
    ○小学生の親子向けに、夏休みに介護施設の見学や介護体験等を行うバスツアーを行う【基金】
    ○中学校を訪問し、介護の仕事について普及啓発を行う出前講座の開催【基金】
    ○高校生向けに、出前講座やバスツアーを開催【基金】
    ⇒小中高生等の若年層へ介護の仕事の魅力・やりがいをアピールすることで、掘り起こしを行う。

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化
    ○高校と介護福祉士養成校の担当者会議を開催【基金】
    ⇒高校教師に対して介護分野の理解を働きかけることで、若者の参入を促進する。

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進
    ○定年退職後の介護職への再就職を促すための出前講座や介護事業所の見学会を実施【基金】
    ⇒中高年齢者に再就職先として介護分野へ関心を持ってもらい、参入を促進する。

    その他の「参入促進」の取組
    ○一般県民や学生、福祉施設従事者等を対象に、福祉の仕事の啓発を目的としたフォーラムを開催【基金】
    ○11月11日の「介護の日」を中心にイメージアップを図るキャンペーンイベントを開催【基金】
    ○介護の現場でがんばっている職員の協力を基に、テレビCMや新聞広告を活用したイメージアップ、学校等を訪問する普及啓発活動を開催【基金】
    ⇒一般県民を対象に、介護職のマイナスイメージの払拭と、理解促進を図る。

  • 国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

  • 入社時の研修制度で安心!

    富山県訪問介護の介護施設では研修制度が充実しています!
    ・ベッドメイキング ・腰痛予防体操 ・水平移動介助
    ・車いすへの移動介助 ・生活プラン ・記録の意義
    ・身体拘束・虐待 高齢者理解 認知症について
    など介護の基本を学んで安心してスタート出来ます。

    カイゴジョブ申込み

介護施設の転職で給与アップ

今、介護の職場を取り巻く状況はものすごいスピードで変化しています。次の転職活動の時には知っておいた方がいいこともいくつかあります。

「給与アップ」「待遇改善」について、まとめてみました。

介護職場の転職で給与アップ

「介護職員処遇改善加算」という取り組みをご存じですか?

国では、介護職員を増やすべく、介護職員の賃金や研修制度を充実させている事業者を金銭的に優遇する制度をつくっています。2015年4月から、その制度が改定され、これまでよりもさらに手厚い支援が実現しました。

この改定を受けて、介護業界の大手企業は軒並み賃上げを決めています。
職員数の多い大手企業が給与をアップすることで、業界全体での給料アップにつながる可能性もあります。
働く方としては嬉しいニュースですね。

あなたの給与や待遇に直結する大切なお話です!

一体どういうことなのか、詳しくみていきましょう。

介護職員の「待遇改善」を進める事業者を、国が後押し!

介護保険制度では、事業者に支払う介護報酬の額を国が決めています。

「介護職員処遇改善加算」は、その報酬額を決めるにあたって、「介護職員の待遇を改善する事業者には金額を上乗せしてあげよう」というものです。
事業者の届けを受けて、国が定めている基準に従って本当に待遇を改善しているかを確かめます。
条件をクリアしていれば介護報酬が多く支払われます。
その上乗せ分を使って、介護職員の給料を増額してくださいということです。

では、事業者が介護報酬を上乗せしてもらうためにクリアすべき条件は、「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のふたつ。

ひとつめの「キャリアパス要件」は、以下の2種類に分けられます。
(1)職員がキャリアアップすることで、よりよい条件のもと、よりやりがいのある仕事ができること
(2)職員がキャリアアップしていくために、事業者がバックアップ体制を設けること

続いての条件は「職場環境等要件」。
これはいくつかの処遇改善の取り組みのなかで、これまでに実施したものについて、全職員に知らせていることが条件になります。

たとえば、処遇改善の取り組みには、こんなものがあります。
●非正規職員から正規職員への転換
●腰痛対策などの負担軽減を目的にした介護ロボットやリフト等の導入
●子育てとの両立を目指す人のための育児休業制度などの充実
●事故・トラブル等への対応マニュアル等の作成   etc.
これらの「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のいくつか、あるいはすべてを満たせば、その達成度合いに応じて、介護報酬が加算されます。

これが「介護職員処遇改善加算」です。

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

ケアマネージャーの役割

介護職全般を考えるとケアマネージャーの役割は大きいです。

求人情報には必ずと言っていいほどケアマネージャー求人が掲載されています。

それだけ地域で必要とされています。

市町村には地域包括支援センターが設置されており、地域ぐるみで老人福祉のサポートをしています。

最近では特に高齢化社会が進み、ケアマネージャーが中心となり、介護を必要な人たちのためにサポートをしなけばなりません。

介護を必要な人やその家族はどのような介護サービスがあり、どのぐらいの費用で利用できるかなどさまざまな疑問や不安をもっています。

このような人たちに親身になって相談にのったり、介護を必要な人が介護サービスを利用し、よりよい日常生活を送るようにサポートする仕事です。

とてもやりがいがありますので、求人情報を見ていて、ケアマネージャー求人に興味があり、もし介護の仕事がしてみたいのなら、是非お勧めします。

また他の職種より求人の数が多い傾向にあります。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。


簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

福祉施設オープニングスタッフ求人:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ